2015年10月10日 (土)

第14回鴻巣花火大会

PA100224

今年で14回になるとされる鴻巣の花火大会を鑑賞してみた。

続きを読む "第14回鴻巣花火大会"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年9月19日 (土)

常総市災害ボランティア

縁あって、鶴ヶ島社会福祉協議会主催の災害ボランティアのツアーの応募を受け付けて下さったので、気を引き締めて参加してみた。

南相馬の時もそうだったが、思い立った時にそんなチャンスを与えてくれるこの社協の働きには、本当に感謝の一言に尽きる。

高速道路で常磐道経由、谷和原で降りて国道を進む。
途中まで、全くもって普通の風景が常総市に入って一変する。

道の植え込みに白い冠水跡が見受けられるようになると、閉店している店舗が増え、家屋の壁には水に浸かった跡がそこかしこに…
当然、家から水に浸かった家財を出す姿が…。

出発して2時間も掛からない場所が、洪水の被害にあえぐ、まさにテレビの向こう側の風景そのものの場所だった。

違うのは、手を伸ばせば、届く距離に、それがあると言うこと。

KIMG3856

お馴染みの354を進むと、テレビで被害を受けたとされている、きぬ医師会病院が現れた。
一階部分が冠水して、機能は麻痺しているのが分かる。
赤十字に医療チームが忙しそうに動いていた。

KIMG3858

常総電鉄を渡ると、仄かにする腐敗臭と共に、広域災害にもはや付き物となった数々のゴミを集積する風景が見受けられた。

KIMG3861

今回の集合場所であり拠点。
北水海道駅にほど近い相野谷町と呼ばれるあたりだ。
ざっと見渡した所、昔の水海道の中心街から少し離れた住宅街の様相だが、下水道整備地区ではないようで、家屋の駐車場や裏庭に浄化槽の設置が見てとれる。
雨水幹線の整備も無く、排水は道路側溝に頼っているといった感じだ。
現地の説明によれば、電気は一部で回復しているが、公共水道の断水は現在も継続中との事

つまり…

大雨と洪水で土砂と家財と腐った食い物と屎尿がミックスした泥と水に満たされている。
未だにそれが除去できないでいる…

のです。

で、今回はそのお手伝いを。

KIMG3859KIMG3860

区域内は、幅員6m程の市道が整備されていたが、家屋から運び出された粗大ゴミで満ち溢れていた。先ずはそのゴミを収集用のベッセルに積載するお手伝いから。

家具・冷蔵庫・洗濯機・タタミ…全てを乗せる。

水を吸った家具は、いつ崩壊するかわからんので、結構気を遣う。
昔の家具は、ホントの木材で出来ているが、最近の家具は木材チップを接着剤で固めてボード状にしてあるので、水を吸うとそれがバラけて崩壊するのだ。
おまけに、ボードは巨大なホチキスのようなクリップで固定している場合が多いので、バラバラになった途端の腕にグサリって事もあるので注意。

洗濯機…二槽式最高~ 1槽式でもまぁそれなりに… ドラム式最悪。重すぎる。

冷蔵庫…中に食い物が詰まっている場合アリ…開けた途端に後頭部に衝撃が走る腐敗臭が…ああああ!!!! 食い物は出しといて~(号泣)

タタミ…普通のタタミは一人で余裕だが、水を吸ったタタミは4人でもしんどい…

マットレス…もはや4人でも持ち上がらず…やっと「引き摺って移動」それしか出来ないくらい重くて厄介だった。

KIMG3862

夕方までお手伝いをしつつ、後ろ髪を引かれつつ撤収。

ボランティアに行かれる方々へ…

まず、体力的に充実した方以外は、基本的に応援に回る方が良いかも知れません。
環境はかなり厳しく、ワシのようなドカチンな人でも翌日身体が厳しいです。

そして、汚物まみれだったり、腐った食品でも平気で触れる事が出来るような根性は必要です。

それと、引っ越しの手伝いとかやったことある人が良いかもです。
重量物は、それを運搬するのにコツが必要です。

ケガをしない為にも、無理はしないようにしましょう。

運搬中にバラバラになって、釘が剝き出しになってしまった家具、バランスを崩して危うく手を挟みそうになる椅子…結構注意していてもそんな落とし穴があります。

行かれる方…決して気を緩めることなく、ケガ無く、無事に作業を終えて下さるよう願っております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

もう、暑いのはイヤな身体に…

会津の避暑が身に染みた身体には、例え30度を少し超えた気温であっても、もう耐える事は出来ません。

そうだ

避暑に

行こう

って事で、手近な避暑を求めます。

続きを読む "もう、暑いのはイヤな身体に…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月26日 (日)

避暑の誘い

P7260615

もう、38度を超える予報が出ている以上、屋外で活動するのは危険と言われている。
当然、その注意喚起を忠実に守るワシ、酷暑な埼玉を抜け出して避暑に出掛よう。

続きを読む "避暑の誘い"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月13日 (土)

ホタル-2015

ホタルと言えば、最近は養殖モノを放している個体を公園等で愛でるのがホタル狩りなのが普通になっちゃっていますが、熊谷から東松山界隈の比企丘陵は、都市部に近くてもホタルが普通に群れて飛翔しています。当然養殖モノとかではなく、地元生まれの地元育ち…この辺りの言葉で言えば、『在(ざい)』なんですよ。ww

ちなみに、ホタルの発生する時期と期間ですが…
ゲンジボタルの場合、この界隈は概ね、5月末~6月末までと言った所でしょうか。

何故か熊谷から近い地域から発生している印象があります。
でも、熊谷の暑さがホタルの発生と関係してるかは分かりません。

そんなこんなで、今年のホタルですが…5月末には数が少ないながら発生を確認。
そして、カキコ時(2015/06/13)時点では、定点観測地点の半分まで発生確認と言ったところです。

とは言え、昨年までボワボワと飛んでいたのに、今年はサッパリとお会いできなかったりします。環境が悪化して発生数が減ったり、違った要因でホタルそのものの個体数が激減しちゃったりします。

なかなか難しいものです。


そそ。この季節になると検索でココを訪れて下さる方が沢山いらっしゃいますので、ホタル狩りの方法を書いておきますね。

まず、何処で見られるの?という質問が多いですが…
正直、本気になって見つければ、簡単に見つかるよ!です。
そんな人の多くは、夜中に走り回ってどっかに飛んでいないかなぁ?って思って、見知らぬ山の中を車を走らせて探して見つからない…
それはそうです。
そもそも、車のライトに照らされると、発光しなくなりますので、本当に居ても気が付かない…泥沼ですね。

ではどうやって見つけるのか?

昼間に自転車でウロウロすりゃいいんですよ。
熊谷から東松山界隈なんで10キロ四方ぐらいのもんです。
自転車で一日走ったら、結構な場所を見て歩けます。

昼間にホタル?なんて思ったら負け!

昼間しか得られない情報があります。
ホタルって、カワニナという巻き貝を幼虫が補食しているので、綺麗な水路とか小川が近くて、発光している時は次世代を残す為の求愛行動ですから、自分が発光しているのをメスに見てう必要があります。

そんなこんなを総括して考えれば…

田圃直近で、綺麗な水路や小川が近く、しかも街灯が当たらない場所

これを絞り込むと自ずと見えて来ます…何が?

見えるハズですよ…え…見えない…嘘でしょ? ホタル…見えません?
(昼間っから見える訳ねぇだろ~)

「ホタル保護の為ゴミ捨て禁止!」等々の看板がないですか?
あったじゃないですか?ホタル!

って事で終了です。。。はい、終了。

ほぼ、ホタル居ます。あとは時期と時間だけです。


ホタルの見方

さて、折角見つけたホタルですから、ピカピカと光って頂いて楽しませてもらいましょう。
ここで、初めてホタルを愛でる方に、お願いです。

1.光源をホタルに当てない。
2.大きな声で話さない。
3.バタバタと走ったりしない。
4.ホタルに触らない。

コレが楽しむコツです。
ホタルの発光は、次世代の子孫を残すための生殖行動です。
クラブで踊って女性をナンパしているのをこちらが覗き見させてもらうようなもんですから、当然ダンスを邪魔する光に機敏に反応して発光を止めてしまいます。
車で現地を訪れる場合は、事前に離れた邪魔にならない駐車場所を探しておいて、そこに駐車して現地にアプローチしましょう。
間違っても、現地に車で乗り付けるなんて暴挙に出ないで下さい。
先客が居たら、かなりの顰蹙をかいます。
というか、喧嘩になる原因ですから、止めて下さい。
足下を照らすライトも、最低限のペンライト等で、なるべく周囲を照らさない配慮が大事です。→ホタル自身を照らして確認しようなんて愚の骨頂ですよ。
そのための昼間の下見であり、足下も安全性の確保も容易になります。

ホタルって、音源があるとそれを察して、発光を止めるんですよ。きっと。
夜間なので、視覚でこちらの存在を察知している訳では無いと思うんだよね。
ライト消して、かなり忍び足でアプローチしてるから。
んで、撮影始めて咳き込んだら、パッと散るのね。。乱舞している場所が…はは。
だから、大きな声で話したりしない方がいいです。

走ったり、ドタドタと歩いたりも同じ。
彼らはかなりナイーブですから。

そして、ホタルをなるべく触らない。
捕まえなくても、勝手に飛翔した個体が、頭とか背中とか身体に留まる事があります。
でも掴まずに、指の先まで誘導して、飛ばせてあげて下さい。
暗闇の中で捕まえちゃうとどうしても足とか羽を損傷しがちです。
タダでさえ短い成虫の時間を人の嗜みの為に短くする事はありませんから。

そして、服装…
中袖・長ズボン推奨 長靴推奨→履き慣れた運動靴ないし、トレッキングシューズでも可
出来れば、帽子

何故か?→意外と蚊やブユの生息している場所と重なりますし、雑木林が近いと色々な虫が飛び回っています。
草を分け入ったり、足下が濡れていたりします。
場所の多くは、マムシが生息しています(キッパリ)
ですので、それに対応出来る服装がいいですよ。


スマホや携帯でパチパチやったり、フラッシュ焚いている…多分写真を撮りたいと思っている方に…
※スマホや携帯…そして手持ちでデジカメでホタルを撮影するのは、手慣れた方でもかなり難航するスーパーハイテクニックか、ウン十万する機材が無いと無理です。
ホタルにも、周りで大人しく愛でている方に迷惑ですので、止めましょう。

写真の撮影の方法は、専門の方々のサイトに移動して参考にして下さいね。

そう、書くと身も蓋もないので、簡単に書くと…
三脚でカメラを固定して、30秒~1分ぐらいシャッターを開いていれば撮れます。
写真の場合、ホタルが光った瞬間を撮影しても、単なる光の点にしかならないので、ホタルは発光しながら動く飛跡を撮影するのだそうです。

ですので、あの微妙な光を撮影するには、フラッシュなんて必要ないのです。

という事でして、季節のホタルをご堪能下さいませ。


001004006007011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

ホタルを撮る

なかなか難しいのね…。
これで10枚ぐらいを明比較合成
output_comp

ホタルの乱舞は、周囲の風景を浮かばせて撮影するそうな…。
まだ、本気モードのホタル君じゃないので無理じゃ!

で、来週あたり行ってみよう。
ぶんぶん飛んでくれ~♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月27日 (水)

初ホタル

今シーズンの初ホタルを観測。
一応忘備録という事で。

P5270574

見えにくいですが、コレでも4匹光ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 6日 (水)

藤ハンター

先日見学した玉敷神社の藤が思いの外フォトジェニックだったので、他の藤も訪ねてみたくなった次第…

続きを読む "藤ハンター"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 3日 (日)

加須は、こいのぼりも藤もジャンボだった

GWのこの時期、加須界隈では大きなイベント事が二つ訪れる。
一つは、加須市民平和祭の一環で揚げられる『ジャンボこいのぼり』
そして、旧騎西の玉敷神社神苑の玉敷公園にある、推定樹齢400年以上の「大藤」(埼玉県指定天然記念物)だ。

P5030443

続きを読む "加須は、こいのぼりも藤もジャンボだった"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

2015桜戦線-前半戦

今年も桜の季節がやってきた。

P3280025

続きを読む "2015桜戦線-前半戦"

| | コメント (0) | トラックバック (0)